金利が高いと返済が重くなる

カードローン返済の負担が大きいと日々感じるようになったら

金利が高いと返済が重くなる

カードローンで借りたお金は返済しなければいけません。相手も商売なので同額返済ではなく、利息を付けて返済をします。私たちが返済したお金は、まず利息分に充てられ、残ったお金が元金へ回されます。例えば10000円返済して、かかっていた利息が1000円ならば、9000円残債が減るようになっています。

 

返済が辛い時には、利息が高すぎる可能性があります。使い道が自由でいつでも借入れができるカードローンは、住宅ローンなどと比べると金利は高めに設定されています。自由度が高いので、それは仕方ありません。とはいえ、金利100%などと設定されては、返済がとても追いつきません。

 

そこで法律で上限金利が定められていますが、以前は上限29.2%だったのが今は20.0%まで下がりました。20%は十万円未満の借入れの金利で、10万円以上なら18.0%、100万円以上なら15.0%が上限金利となります。現在これ以上の金利で借入れをしているならば、迅速に対策を取るべきです。

 

金利の低い所で借り換えでもいいのですが、払い過ぎていた金利を取り戻す方法があります。過払い請求といって、払い過ぎた利息は返還の要求ができます。過払い請求をするだけで、戻ったお金と相殺してカードローンの借入れがチャラになる可能性もあります。

 

ただし今では消費者金融の借り入れに過払い金は発生しないので、大手のプロミスの金利においても、利息を払いすぎてしまうことはありません。

サイトマップ