返済を何とかする方法

カードローン返済の負担が大きいと日々感じるようになったら

返済を何とかする方法

カードローンの毎月の返済が辛い、でも毎月の返済額は一定だし、どうしようもないと思っていませんか?その返済が大幅になるかもしれません。特に返済がどうしようもなくなれば、債務整理するしかなくなるケースもあります。

 

しかし、債務整理をすればお金に関する信用を無くします。住宅ローンはもちろん、車のローンさえ組めなくなってしまいます。債務整理は最終手段として、意外と簡単に負担を減らせる可能性があります。

 

まずは過払い金請求の対象になっていないかを確認しましょう。昔からカードローンを利用している人の中には、利息を払い過ぎているケースがあります。平成19年12月19日にグレーゾーン金利が廃止され、上限金利が引き下げられました。このタイミングよりも前からカードローンを利用している人は、払い過ぎている利息が戻ってくる可能性が高いです。行政書士や司法書士に相談すべきです。

 

過払い金請求の対象になっていない場合でも、返済の負担を軽くする方法はあります。複数社にわたって借入れしている人や1社であっても借入金が多額な場合には、金利の低い所へ借り換える方法があります。

 

同じ金額でも、まとめたり金利の低い所へ乗り換えるだけで、毎月の返済はグッと楽になる可能性があります。金利の低いところを探すならバンクイックの金利に注目となるので、消費者金融の高い金利で借りている方は利用を考えてみましょう。

サイトマップ