借入れが多い場合

カードローン返済の負担が大きいと日々感じるようになったら

借入れが多い場合

カードローンの返済が辛いと思っているならば、借入金額が大きすぎる可能性があります。カードローンで毎月支払う返済金は元金と利息に割り当てられます。元金が大きい程利息も大きくなりますし、元金が減らなければ返済も長引きます。

 

例えば金利15.0%での借入れをしている人が10万円借入れしている場合、1か月でかかる利息はたったの1250円です。1万円支払えば、8750円元金が減ります。それが借入れ200万円の場合、1か月にかかる利息は25000円です。1万円払っても借金が増えるだけですし、30000円払っても5000円しか元金は減りません。

 

元金、要するに借入金額が多い程、毎月支払うお金の負担は大きくなります。もしも元金が大きくて辛いのであれば、追加融資を頻繁にしていないか確認するとよいでしょう。毎月コツコツと返済をしていても、頻繁に借り入れを繰り返していればいつまでたっても元金は減りません。

 

追加融資をせずに、毎月返済を行っていれば、元金は確実に減っていきます。元金が減れば利息にかかる部分も減っていくので、確実に支払は楽になっていきます。しかし、ここを理解していないで、気軽に借入れを繰り返していれば、毎月返済を繰り返しているのにまったく借金がなくならない状態に陥ります。

 

そういった状況を避けるためには、やはり低金利のカードローンで一本化を行うことです。おまとめにも使えるオリックス銀行カードローンの手続きを進めれば、返済が楽になる可能性があります。

サイトマップ