カードローン返済の負担が大きいと日々感じるようになったら

カードローン返済の負担が大きいと日々感じるようになったら

借りた後の返済が苦しいカードローン

カードを使って気軽にお金が借りられるカードローンは、借りるときには気楽で良いものですが、いざ返済となるとなかなかに大変です。思っている以上に利息負担が大きく、月々の返済も毎月行わないといけないと考えると、やはり大きな負担となります。

 

 

計画的に借りるのは当然なのですが、それでも思っている以上の負担の大きさで計画通りに返済が進まない場合もあります。借りる前の返済シミュレーションを甘くしてしまった場合に起こり得ることですが、借りた後の返済が苦しい、つらいと感じる方は少なくないのです。

 

とは言っても借りてしまった以上は、しっかりと返済をしなければなりません。借りているお金はもちろん、それに対する利息の支払いも毎月必要となります。お金が無いからと利息だけを払い続けても返済はいつまで経っても終わりませんので、何とかして効率的に元金を減らさなければなりません。

 

収入が増えれば返済も楽に進められますが、いきなり収入が増えることもそう簡単なものではありませんので、カードローンの返済が苦しい場合の対処法について、知っておくと良いでしょう。

 

カードローンの返済が辛い

カードローンは借りる時は便利ですが、当然借りたお金は返済しなければなりません。カードローンの返済に追われていて今大変だという人は、何かしらの原因や対策がある可能性があります。返済が辛い、返せそうにないと思っているなら、以下の点を確認してみるといいかもしれません。

 

金利が高すぎないか、借入金額が大きすぎないか、債務整理などの手段を考えた方がよくないか、これらを見直せば、今より返済がグッと楽になる可能性は十分にあります。

 

金利が高すぎないか

金利が高いと言われている消費者金融でさえ、10万円借りて1か月にかかる利息は1500円程度です。貸金業法の改正で、今は上限金利が大幅に抑えられています。昔からカードローンを契約している人の中には、未だに高金利で多額の利息を払っている人もいます。

 

現在18%を超える金利、100万円以上の借入れなら15%を超える金利でお金を借りているならば、金利が高すぎて返済が大変になっています。毎月の返済額が多いのであれば、金利がどうなっているのか一度確認した方がよいでしょう。

 

金利が高すぎると感じているなら、借り換えで金利を引き下げるのも手です。銀行の借り換え対応のカードローンを利用すれば返済の負担が軽くなる可能性も十分にありますので、借り換えに使えるオリックス銀行の借り換えやおまとめを考えてみましょう。

 

借入金額が大きすぎないか

消費者金融でさえ10万円借りた時の1か月の利息が1500円なので、それ以上払った金額分だけ元金が減っていきます。今は総量規制という法律もあり、年収の1/3を超える金額の借入れも難しいのが現状です。

 

それでも返済が辛いなら、常に借入れをしているのが原因かもしれません。通常毎月返済していけば借入残高は減っていきます。しかし、追加の借入れを繰り返しているといつまで経っても返済できません。例えば複数社でたくさん借りている場合には、少ない所を完済するなり、1本化するなりすれば、楽になる可能性があります。

 

債務整理など他の方法を考えた方がいいか

返済が苦しい人の中には、利息分だけを支払って何とか耐えているような人もいます。その場は何とかなっているようでも、利息分だけしか支払わなければ元金は1円も減りません。大げさではなく、一生利息を支払い続ける羽目になります。どうしても返済できないなら、債務整理などを視野に入れる方法もあります。

 

ただし、債務整理はあくまで最終手段です。金利が高すぎた、借入が頻繁過ぎたという問題ならば、解決する方法は債務整理だけではありません。例えば他社に借り換えをする、金利が法外に高いなら払い過ぎているお金を取り戻すなど、その場で簡単に解決できる方法も可能性としては十分にあります。

 

返済が辛いなら、まずは返済を楽にできないかを考えるべきです。

 

楽にする方法はいくつかありますが、借り換えによる返済負担の低下を行うなら、今の返済が正常に出来ていないといけません。既に返済が遅れていたり滞っているとおまとめとしての借り換えローンの利用条件は満たせなくなってしまいますので、注意が必要です。

サイトマップ